教員という業種を諦めた理由

 物心がついた時から公務員に、しかも教員になることを目標として生活してきましたが、その道を諦めることにしました。

 
 このブログでは何事にもチャレンジすることで、後々に後悔することが無いようにしましょうと伝えてきましたが、筆者自身が諦めてしまっては矛盾していると思うかもしれません。
 
 ですが、今回なぜ目標を諦めたのかの理由と後悔の有無を書いていきます。
 

目標の教員を諦めた理由

・人の教育が向いていなかった

 高校時代から社会人になった今も人の教育をすることがありますが、教育をしていく中で気づいたことは、その人が成長していないということでした。受け取り手の問題ではないのかと思うこともあるかもしれませんが、教え手にも問題があると思います。

 

 双方の波長が合うパターンであれば、成果は良いものになるのは必然的ですが、時に教える側にも技術がいることが多いでしょう。やる気にさせる力や自分を変えようと思える魅力の見せ方などです。

 
 もちろん、その人の基礎的能力があることが前提になりますが、筆者にはその力がないことが明白でした。今までは勉強を教えるにしても、たまたま波長が合うパターンだっただけで、合わないと全く伝わらないことでこのことに気づくことが出来ました。
 
 筆者自身の教育力はこれから身に着けていかなければなりませんが、教育力がない状態で学生の貴重な時間を無駄にしてしまうことは無責任だという思いから、諦めるという選択肢が出てきました。
 

・自分に向いている仕事が見つかってしまった

 前回の記事でも書きましたが、今の仕事が楽しく自分に向いていることも1つの要因にあります。仕事が楽しいため、プライベートもかなり充実していて教員ではなく、また違うことにチャレンジしたい意志があり、現在は教員への道は候補から外れてしまいました。

 

後悔はしていないことはないが辛くない

 現在の仕事やプライベートが充実しているので、後悔はそこまでありません。精神的に大きなものではなく、まあ経験しておけばそれはそれで楽しかったろうな程度です。なので会社が倒産したら、再燃する可能性もありますね。

 

 恩師との約束もあるので、絶対にならないとは言い切れませんが、目指していた時の経験が今の自分を形成しているので、そのことはいい経験として受け入れてしまいた。なので、どうしても後悔しているわけではないので、また目指して活動していくには腰が重く感じるのが現状です。

 

 しかし、死ぬときに後悔するようなことは、絶対にチャレンジした方がいいので、これを読んでいる人もぜひ今やりたいことにトライしてほしいと思います。また、今回の記事で就活等で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

父親の業種を受け入れられた理由

 父親は大企業の製造部で作業者として働いていますが、物心がついた頃から父親と同じ業種には絶対にならないと心に決めました。そのため、将来は安定の公務員である教員を目指したわけでありますが、現在は父親と同じ作業者として働いています。

 

 働く企業は違えど、なぜ父親の仕事を嫌ったのか、なぜ今は同じ仕事を受け入れることが出来たのか、現在就活等で仕事に悩んでいる方の選択肢の一つになれば幸いです。

 

父親の仕事が受け入れられなかった理由

・肉体労働でつらそうだった

  仕事内容が製造部だけに肉体労働のため、休日は寝ていることが多かったです。また、交代勤務もあったため体力を消耗していたのかもしれません。そのため、子供のころはこんなにつらい思いをして賃金を得たくないと思ったの覚えがあります。

 

・家計運営が厳しそうだったから

 実家では父親の両親も同居していたため、扶養家族も多くお金がないが母親の口癖でした。そのため、あんなに大変な仕事なのに賃金が低いなんて割に合わないというイメージが生まれました。

 

 実際に給料明細を見せてもらっていないので、賃金が高いか低いかはわかりませんが、負のイメージが増えてしまうと嫌なものだと決めつけてしまうので、さらに受け入れられなくなりました。

 

・身体的危険と隣合わせ

 製造部である以上、加工機とはずっとお付き合いをしていかなければなりません。便利なものですが、操作を誤れば自分に危害が及ぶ危険なものです。残念ながら父親の勤務先でも、過去に事故があったとかなかったとかと話を聞きました。

 

 五体満足に生まれた以上、何かを失いたくないという思いから、製造は避けようと思って日々を過ごしてきました。

 

作業者という立場を受け入れなければならないタイミング

 父親の行動や言動からイメージは悪く、将来は公務員で安定を得たいという思いは強くなりました。教員を目指したのは、当時は人に何かを教えるのが得意だと思っていたからです。

 

 ですが、全日制高校で失敗し定時制高校に通ったことで、現在は父親と同じ立場を受け入れることができる出来事がました。

 

・仕事が自分に向いていた

 モノづくりに携わっていくなかで、自分自身が仕事を楽しんでいることに気がつきました。いままでも物を作ることは好きでしたが、定時制高校では切羽詰まっていたため、楽しむことを忘れたいました。

 

 ですが、仕事で無理難題を解決していく中で、その達成感や上司からの評価を受け、自分はこの仕事が向いているのだろうと思うようになりました。

 

・肉体労働も悪くない

 筆者はあまり動くのが好きではなかったのですが、肉体労働をしていくなかで体調が良くなっていくのが実感できています。いままではあまり健康を意識していませんでしたが、このことから肉体労働も悪くないものだと感じています。

 

・意外と低賃金ではない

 やはり基本給はそこまで高くありませんが、手当てが多いため現在の平均年収より所得があります。実家は扶養が多い中、父親だけの収入で家計をやりくりしていたので、家計が苦しかったのかもしれません。

 

1番の要因は仕事が楽しめる

 会社の雰囲気や担当業務の内容などは入社しなければわからない部分も多いですが、幸い現在の仕事は楽しめているので、このことが作業者という立場を受け入れれる要因の大半になっています。

 

 どんな職にもイメージだけではわかりずらいため、偏見で判断してしまうかもしれませんが、まずは経験してみることが大切だということを再認識させられた一件でした。

年齢なんて関係ない定時制高校でのクラスメイトの態度

 年功序列と言う言葉があるように、先輩には敬意を表して生活するのが一般的であると思います。実際に部活動等の活動では、先輩や教員に敬語で話してるのではないでしょうか。

 
 定時制高校では同じ学年に様々な年齢の生徒がいますが、はたしてどのような状態だったかをここでは書いていこうと思います。
 

年功序列もお構いなしな人間関係

・敬語を使う相手を選ぶ

 中学校を卒業して間もない生徒は、精神的にもまだ幼く残念ながら相手を選んで敬意を表します。そのため、教員だろうと友達感覚で話している生徒も珍しくありませんでした。

 

 しかし、これは定時制高校ならではかと言われれば、そうではありませんでした。全日制高校でも同じような生徒は存在したので、学校の特徴ではなく地域柄なのかと思います。

 

 このような生徒は自分の基準で、立場が上だと判断した者だけに敬意を表すので、人によって態度を変える癖があるのかと思いました。

 

・自分の利害だけで相手に媚びる

 授業等で自分に何か利害があるときは、どのような相手にでもとことん媚びます。やはり単位が必要になるので、普段見下しているような相手でも半ば強引に協力させることもあります。

 

 このようなことは、やはり上記にもあるように定時制高校だけの特徴ではありません。なので、全日制高校に行ってもそのような生徒は一定数存在します。

 

年齢が違っても基本はため口

 このように、見下しているわけではありませんが、たとえ年齢が離れていても基本は敬語は使わず、ため口で会話しているのが定時制高校ならではかと思います。また部活動では年齢が一緒でしたが、学年が上なので先輩と認識して敬語で会話していたら、嫌がられたこともありました。

 

 やはり、人間関係なので相手が不快にならない態度であれば、お互い良いのかと思います。

キャパオーバーを続けることはリスクが大きい

 現在の社会では個人の能力を超えて、物事を進めなければならないことも多いかと思います。人間は楽な環境下にいたら、その環境に慣れてしまいキャパが落ちてしまうかもしれませんが、時にキャパを上げようとして負荷をかけ続けている人がいるかもしれません。

 

 ですが、常時キャパオーバーをしているとどうなるか。確かにうまくいけば成長につながるかもしれませんが、一歩間違えればパワーを使い果たし、ダウンしてしまうかもしれません。

 

 実際に筆者が体験したことを、今回は書いていこうと思うので、現状がキャパオーバーの方は、どのような影響が出るか参考にしていただければ幸いです。

 

キャパオーバーを続けることは危険

・睡眠時間を削ってでも物事を成し遂げようとする

 自分がキャパオーバーな状態にいると、当然時間が足りなくなってきます。そうなると、まず削ろうとするのが睡眠時間です。少しでも物事を成し遂げようとするあまり、睡眠時間を削ると、睡眠不足になり様々な体調の変化が出てきます。

 

 睡眠不足は人間にとってあまりよくなく、自分にあった適切な睡眠時間を確保することが大切です。なので、ショートスリーパーでない限りは、年齢に沿った睡眠時間を確保するように心がけましょう。

 

・食事を簡単に済ませてしまう

 睡眠時間の次に手を抜けるところが、食事になってきます。バランスの取れた食事を諦め、市販の簡単な食事を摂取しようとするでしょう。最近ではバランス栄養食等もあり、偏った栄養はそれで補おうとするかもしれません。

 

 ですが、そのような食品に頼らすしっかりとした食事でバランスよく栄養を摂取することも大切です。また、そのような食事がとれることは心にもゆとりが出ます。なので、食事を疎かにせずしっかりとした食事をしましょう。

 

・糖分、アルコールに逃げる

 精神的に追いつめられるとアルコールに逃げる人もいますが、依存性が高くストレスを理由に摂取していると依存症になってしまうかもしれません。また、糖分もアルコールと構造が似ているため、依存性が高いと言われています。

 

 しっかりとした食事をしておらずアルコールを過剰に摂取することは、消化器官によろしくありません。腸は第2の脳と言われている器官なので、細菌のバランスを正常に保てないとあらゆる体調不良が出てきます。なので、ストレスを理由にアルコール等に逃げるのはやめましょう。

 

・睡眠不足をカフェインでブーストさせる

 眠気がある場合、コーヒーやエナジードリンクを摂取し目を覚まそうとすることも多いでしょう。一時的や楽しむ程度の量であればよいのですが、大量に摂取するとカフェインは消化器官を荒れてしまいます。

 

 また、カフェインには自律神経のバランスを乱すこともあるので、過剰摂取をすると自律神経の影響で様々な体調不良が出てきます。眠い時は睡眠を優先することが大切です。

 

この状態が続くと倒れる

 上記の3つを続けてしまった結果、筆者は社会生活の続行が難しいくらいの体調不良が出てきてしまいました。胃痛や食欲不振、のどのつかえ感からの吐き気、極度の冷え性等ありましたが、内科的には問題なしとの結果でした。

 

 精神科等の診断を受けなかったので病名はわかりませんが、自律神経失調症ではないかと思っています。特にひどい時期では、人前に出ると心拍数が乱れ、立っているのもままならない状態でした。

 

 この経験から、睡眠時間の確保、カフェインでのブーストを避けることを心がけています。食事に関してはバランスを意識して摂取していますが、なかなか難しい部分もあるので、プロテインを飲んでタンパク質不足にならないようにしてます。

 

 自律神経は一度乱れると戻すのに時間がかかるので、キャパオーバーの状態からは早めに脱却し、上記の状態にならないようにしましょう。

授業の科目が全日制と違う?

 高校入学したのであれば授業を必ず受けなくてはならず、毎日の学校生活や試験で単位を取得する必要があります。では、定時制高校での科目や内容はどのようなものなのか、想像がしにくい部分もあるので、ここで解説していきます。

 

定時制高校は年間の科目数が少ない

・一日の授業数が少ないため、年間の科目数も限られる

 全日制高校では一日の授業が6コマであり、しかも1コマの時間も長いです。ですが、定時制高校では一日の授業が4コマで、なおかつ1コマの時間も45分前後と短くなっています。なので、年間の授業時間も全日制高校より圧倒的に短く設定されているため、出来る授業が限られてきます。

 

 英語がある学年とない学年と科目を振り分けることで、高校卒業程度の単位を最低限を取得できるようになっています。

 

・芸術科目は選択がない

 前述したように授業時間の都合や、教員の人数の関係上芸術科目の選択肢がありません。筆者が在学した定時制高校では、美術の一択でした。しかし、全日制高校では音楽や書道といった科目も選択出来たため、もし美術が苦手な場合は内申点が危ぶまれます。

 

 もちろん、他の定時制高校では選択肢があるところもあるかもしれません。

 

科目は限られるが授業内容は全日制高校と同じ

 在校中で受けられる科目はその年で違いますが、基本的には高校卒業程度の単位が取得できるように設定されているため、授業の内容については全日制高校と同様です。ですが、進学校のようなハイレベルな内容は行わず、レベルも最低限に設定されています。

 

 また、体育などの座学以外の科目もあり、球技等のスポーツも行われるので授業内容に関しては中学校と似た想像をしていただければよいかと思います。

高校選びは自分の学力に合わせるべき?

 今年受験生の人は、今の自分の学力レベルでどこの進学先があるか、考えて勉強に励んでいると思います。ですが、今の目標にしている進学先は本当に自分に合っているのでしょうか。

 

 学校自体の雰囲気や教員との相性は入学してからしかわかりませんが、偏差値であればわかるはずです。では、自分に合っている進学先とは偏差値から読み取れるのかと言われれば、不可能と言い切れないが難しいと答えます。

 

 では、自分に合っている進学先とは何か、筆者が考える答えをここでは話していこうと思います。

 

自分が努力家で遊びよりも勉学を優先できる人

現在受験に向けて勉強に取り組んでいると思いますが、毎日受験のことを考え少しの合間時間を有効活用して勉強するという行為を、受験後も継続できるでしょうか。将来の夢や目標が明確にある人は出来るでしょう。そのような人は、以下の項目を重視して進学先を決めてもいいと思います。

 

・今の学力レベルより少し上の偏差値の進学先を狙う

 これは、今入学できるぎりぎりの偏差値である進学先を選択する以上、今後も勉強を人一倍やらなければならないためです。自分の学力レベルで授業から遅れをとらないようにしなければならず、そのための努力を惜しまない人であれば良い選択肢であると思います。

 

 そのため、入学したら終わりではなくその先の学校生活があり、さらにその先の将来にも関わることであるという意識を常に持てて、向上心がある人には出来る選択だと思います。

 

・将来の目標がそのルートでしか叶わない

 世の中には様々な職業がありますが、中には一定のルートを通らないと就けない仕事もあります。そのため、どうしてもその職業に就きたいという強い意志があり、チャレンジできる環境にあるのであれば、ぜひトライするべきです。

 

 若い時は失敗しても違う道はあり、人生生きていれば何とかなるものです。ですのでチャレンジしないで後悔するよりも、チャレンジできるのであればチャレンジするべきです。

 

常に努力することは嫌だと思うなら

 毎日将来の目標のことを考え、常に行動し続けることは強い意志がないとできないことです。三日坊主だと感じることがあれば、上記の人間になることは難しいことです。できないこともないですが、筆者はやはりどこかで気が抜けてしまいました。

 

 そのため、息抜きがしやすい環境に身を置くことをおすすめします。手を抜くのではなく、息抜きがしやすいというとこは勘違いしないでほしいです。

 

・進学先をワンランク落とす

 偏差値をワンランク下げることで、勉強に対する時間配分に余裕が出来ます。そうすると心にも余裕が出来るため、いろいろなことがうまく回るようになっていきます。また、少し疲れても休憩することも出来ます。

 

 なぜかと言うと、中学校を卒業するとその先は、自分と似た学力レベルの人たちが集まった集団に属する聞ことになります 。そのため、ワンランク下の進学先を選ぶことで、周囲の人間より優位に立てます。

 

 なので、青春時代を謳歌したいという思いがある人にも、こちらの選択肢がおすすめです。心と時間に余裕が出来ると、部活動や人間関係に割り振れる時間も増えるからです。

 

・なるべく通学に時間をかけない

 学校生活で何か嫌になると、そのままほかの部分も嫌になっていきます。そのため、通学に時間がかからない進学先を選ぶことで、通学自体を嫌になることを防ぎます。

 

 また、通学時間を言う毎日発生する無駄をなくすことで、その時間をほかの時間にあてることも出来ます。

 

何事も最後に決めるのは自分自身

 あくまで筆者の経験のなかで書いてきましたが、感じ方は人それぞれなのでこれが全てではありません。ですが、選択するのは自分なので後々後悔したり、他人のせいにするような選択をしないようにしてほしいです。

 

 ちなみに、某リベラル系YouTuberの父親も進学先はワンランク落とすという考えだそうです。なので、筆者が学生時代にその情報を知っていたら、参考にして違う道を歩んでいたかもしれません。

制服がないのが定時制高校

 高校生活での楽しみの一つに、制服の選択があります。かわいい制服のある高校を進学理由にする人も、中にはいるのではないでしょうか。最近ではブレザーをオシャレにすることで、受験者数を増やす作戦に出る高校まであります。

 

 では、定時制高校の制服事情はどうなのか、気になるところだと思います。

 

制服を着るのは入学式のみ

 入学式のみは中学校卒業の流れで学ランを着てきますが、二日目の通常授業からはほとんど私服になっていきます。卒業式等の行事も参加しますが、基本的には私服になります。

 

 ですので、制服を着ることはないですし、学校指定の制服もありません。

 

卒業生はスーツ

 では、卒業生はどのような服装をするのか気になったと思います。卒業生は基本的には就職活動があるので、スーツを購入しています。また、次年度には成人式が待っているので、リクルートスーツと同時に成人式用のスーツも購入します。

 

 ですので、どちらかのスーツを着用して式に臨む形が大半です。ですが、晴れ舞台なので当日用にスーツを新調する人も中にはいます。

 

制服がないので毎日服選び

 アルバイトをしている生徒が大半なので、仕事終わりに登校しますが、基本的には作業服で登校する生徒はいません。なので、何かしらの私服が必要になるため、毎日服選びをしなければなりません。

 

 もちろん、作業服のまま登校する生徒もいますが、それは工場勤務等に限ると思います。飲食店等の接客業の作業服では、登校するのは難しいためです。

 

 なので、工場やガソリンスタンドに勤務すると私服を考える時間を短縮できるため、生活が楽になるかもしれませんね。